2008年9月18日木曜日

大府市 あっ晴れ つけめん 080918




 僕はここのラーメンが誰になんといわれようが好きだ!!ここの店は、月に一回は行くようにしている。バイト先とも近いため、比較的、通いやすい距離にあるのも良い。
 ここのラーメンは簡単に言えば、二郎インスパイア系である。パンチのあるスープに、極太の麺を喰らうのが特徴。喰ったあとは、腹痛との戦いが待っている。アル意味、2度楽しめるという訳だ。
 丁寧というより、がつんと豪快な作りをしたラーメン。啜るというより、噛む楽しさを味わえるラーメン。いわば、体育会系のラーメンである。
 麺は「浅草開花楼」のを使用している。有名な店「六厘舎」と同じである。もちもちした食感が味わえるのが特徴的だ。
 今日注文したのは、ノーマルなつけめん。無料トッピングは「あぶらマシマシ タマネギましまし カラメ」である。極太麺は、ゆでるのに時間がかかる。待つこと十数分…。威勢の良い声で、「お待たせしました!!」
 あぶらと麺の絡み具合、そしてこの何ともいえない甘み、最高である。野菜もたくさんのっているのも嬉しい。濃厚付け汁とタマネギ、もやしを絡みあわせて食べるのもなお良し、いとをかし。つけ汁は、うまく説明できないが、豚の系統が強い。たぶん、魚介も入っているのだが、そんな香りは一切しない。でも、ここのつけ汁には、麺を食わせるだけの力がある。きっと女の子とのデートには向かないのだろう。チャーシューは一言で言えば「にくにくしい」である。あまり味はつけられておらず、豚肉本来の味を楽しめるようになっている。たのしみながら、さらりと完食。
 忙しい店内の中、スープ割りを注文。一度手鍋に戻してからスープ割をしてくれる丁寧さ。そのスープを、ラー油と七味を入れ、変化を楽しむのが最近。これもなかなか、あはれなり。
 十分な満足に包まれて、ごちそうさま。
 「塩二郎」という新メニューができたようだ。次はこれをいただきたい。
満足度…★★★★☆

0 件のコメント: