投稿

7月, 2011の投稿を表示しています

大府市 晴レル屋 つけめん全部のせ 

イメージ
この夏のテーマは「原点回帰」である。
就職して、人間のイヤらしさや欲望にかき乱されて来た私は、日々の食に対する思い、いや「ラーメン」に対する思いを忘れかけてきた。
そこで、この夏は、あの時オレは何が好きだったの?という自問自答を投げかけ続ける決心をした。
大学院時代、私はこの「つけめん」に何度となく助けられた。
頼むは「全部のせ」からの「ぞうすい」。
1000円を超える、フルコース。
「濃厚豚骨魚介の完成型」は未だに健在。
チャーシューがペラペラになった。
酢の成分が強くなった。あまずっぺぇ、あまずっぺぇ、あまずっぺぇ。
あまずっぺぇ恋を思い出す。
あまずっぱさにより、麺を啜る力がグングン上昇。
お水でお口なおしなどするスキマは皆無。
モグモグしながらの、つけ汁INへ。
麺をつける度、冷たくなるつけ汁も、尚うまし。
感動こそないが、絶大なる安心感を与えてくれる。
ここ数年で「晴レル屋グループ」は急成長。
多くの店が愛知県にある。
大府まで足を運ばなくても、濃厚豚骨魚介系つけめんを食べられる。
しかし、そんな状況だからこそ、何が原点なのか、何が始まりだったのか、
考えたい。
シフクノトキとはこのことだ。

大府に新しいスタバができた。5000円チャージすると、一杯無料。
ここぞとばかりに、一番デカいサイズを注文。
数年前愛した大府の町も刻刻と変貌を遂げる。
オサレな町へ一歩前進。
ダークモカチップフラペチーノの甘さが、舌にはちょうど良い。

満足度…★★★★☆(4・5)

緑区 萬来亭 らーめんたまご 110705

イメージ
職場で初めて行われたラーメンツアー。
7月の初めの一週間は、仕事も午前中で終わり。
これまでのたまったストレスを発散しようではないか、
そんな思いで、多くの方が外に繰り出す。

私が企画したラーメンツアーには、5名以上の方が参加したいと申し出た。
しかし、残念ながら私の車は5人乗り。

泣く泣く、数名をおいてレッツラゴー!!

大先輩からのリクエストは、濃厚で太麺。
咄嗟に思いつくのは、家系。

職場での今後の振る舞いにも関わるタメ、ここで失敗は許されない。

そこで、託すのは、こちらのお店。

名古屋高速を走らせ、30分ほどで到着。
片道750円の高速料金など、みなさまの笑顔に比べたらたいしたことない。

味は、いつもどおり、クリーミー豚骨のスープが、安心感を与えてくれる。

ほっこり、ほっこり、ほっこり。

むさぼるようにして、男子5人が啜る。メシをほおばる。

次いで口ずさむのは、ウメェ、ウメェの言葉。

途中、「ムフッ」「ムフッ」という、音を漏らしながら、啜りきれないほどの麺を口いっぱいに入れる。そこに、ウズラがはいるから、尚の事、「ブフッ」という音が口から発する。

嗚呼、嗚呼、大満足だ。

ツアーと企画しながらも次の店に行く予定など、ない。

その後、イオン大高の3Fのキャッツカフェでパフェを食べ、多くの方に不思議な目を向けられたことなぞは、他の人に言えるはずもない。

初夏の昼下がり、すてきな時間となった。

夏休みにも企画しよう。

満足度…★★★★☆(4)

中区 喜多楽 特製つけめん 

イメージ
平日の夜9時過ぎ、家からの電話。

「今日はご飯がありません。」

25歳という年齢になっても、一人暮らし経験のない私は、実家暮らしで常に食に困ることはない。

しかし、今日は違う。

職場からの帰宅の車の中で、どうしたらよいものかと考えた。

ジロウジロウを求めている自分自身を押さえつつ、向かうは、名古屋屈指の名店、喜多楽である。

「肉そば なおじ」のオープンのこともあり、遅い時間のこともあり、店内は数名の客がのみ。

いつもなら、「特製らぅめん」をいただくところだが、最近の猛暑にヤラレ、あっさりとしたものをほしがっていた。

そこで、特製つけめん大盛り、いわゆる、つけめん全部のせを注文。

もうすでに、1000円を超えてしまった。

結論から言えば、バランスのとれた一杯ではある。

チャーシューの完成度・麺のすすり具合、秀逸である。

しかし、味に対する物足りなさを感じる。たぶん、それは自分のせいなのだろう。

化調が効いたらーめんを食べ過ぎ、舌が鈍くなっているのかもしれない。

ただ、喜多楽さんの店のコンセプトとはズレていることは否めないのか。

まるで、無化調の二郎を作る如水のように。

客が欲しがるもの、と、店側が提供したいもの、に違いはあってもよい。

「ラーメン発見伝」に出てくる芹沢サンのように。

ラーメン屋ってつくづく難しいって感じる。

でも、空腹が絶頂を迎えていた私にとって、この量は、確実な満足感をもたらした。

この時間に、らーめん。

与えてくれたのは、お腹につく脂肪。

さぁ、お腹周りを引き締める季節がやってきた。

満足度…★★★☆☆(3・5)

中区 ラーメン大 ラーメン野菜多め 

イメージ
最近のこと。

更新が滞りがちな私は、どうしたらよいものかと考えた。
パソコンを常にさわれる環境が大事だと考え、ネット環境を整備することにした。

私の家には、7年前に大学生協から買った、古いパソコンが1台。
なかなか思うように、動かない。

ついに、今日、マックブックエアーを購入。
職場の先輩から、新しく出たということを聞き、仕事を終えて向かうは栄方面。
アップルストアだ。親切な店員に勧められ、購入を決断。

ブログの更新を今後、頻繁に行っていけそうな気がする。
むしろ、ブログをやるために、パソコンを購入したといっても過言でない。


さて、こちらは先日、職場の同期で訪れたところ。
「ラーメン大」二郎インスパイア系である。

疲れた、とか、むしゃくしゃする、などの気持ちが沸々と湧いて来たときに、頭をよぎるのは、やはり二郎系。

同期はそんな気持ちを、汲んでくれるから、ありがたい。
今後30年以上共にするだろう相手と、共にこのように同じ一杯を求めていけるのは、なんと素晴らしいことではないか。

さて、我々は同じものを注文したつもりでいた。

しかし、同行者エガールの野菜の量は、私のものに比べて、二倍ほどある。

どういうことか。

私は、「野菜多め」と注文(写真はわたしのもの)。
エガールは「野菜大盛」と注文。

まるで夏場のかき氷のように、野菜が降り注いでいる。

そういうことである。

一瞬びっくりするも、ここは、一瞬笑って、

自分との戦いに入る。何とか完食。

顔は苦痛に歪みながらも、目だけは輝いていた。

このあと、恒例になりつつある銭湯へ。

弛んだおなかをいかにして引き締めようと考えるばかりであった。

足繁く、多くの方が通う。
らーめんは熱い、店内も暑い、待っている方の視線は冷たい。
ごちそうさま。

満足度…★★★★☆(4)

名古屋のラーメン 食したものたち 新店 「肉そば なおじ」も。

イメージ
我が職場では、私は「ラーメン王」とか、「ラーメンマニア」という名で呼ばれることが多い。

そのため、多くの方から、「オススメのラーメンは?」という問いを投げかけられることが多い。

このような質問は、私にとってなかなか答えづらい。

「味噌らーめんが好きなんだけど、オススメは?」とか、「あっさりとした塩らーめんが食べたいんだけどオススメは?」という具体的問いにはまぁ、すぐ答えられるはずだ。

相手の好みとかがわからない段階で、「これウマイですよ。」という、自信と誇示は、場合によっては人格を疑われることになりかねない。そんな小心を日々抱えながら、ラーメントークをしている。

ただ日頃の仕事の忙殺ぶりから、多くの精神的エネルギーをラーメンに注げない私にとって、「ラーメンマニア」という、言われることにどこか後ろめたさを感じている。

これからは、あのころのようなスピリッツをもう一度、盛り返そうと思う。
だって、「らーめんが好き」なんだから。

私の地元名古屋では、たくさんの愛すべきラーメン店がある。
自信をもって紹介できる店を発見できるように、フットワークの軽さを自慢にしていきたひ。

今日は、最近食したものだけを紹介することにする。



キムラーメン(西区)


てっぺん(北区) まぜそばは秀逸。

あっ晴れ(中区)
疲れた体には、ドーパミン発生装置を。

肉そば なおじ(中区) 濃厚醬油で、がっつりなバラ肉。大胆な作りに、喜多楽らしい、繊細な味わいも。

時任家(中区) 職場の担々麺好きの方からの紹介で。辛みだけではない、イヤミのないバランスの取れた一杯。