投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

天白区 男そば連獅子 男そば 2012/1/27-8杯目

イメージ
塩釜口駅近く、名城大学周辺で学生たちからの信頼を獲得した店。
男そば。
ブラッシュアップを重ね、完成された味。
これは、18歳の男たちも喜ぶわ。
まだまだ高校生には負けとれん。
満足度…★★★★☆(4)

中村区 申家 担々麺 2012/1/27-7杯目

イメージ
飲み後の店 名古屋駅での選択は難しい所
坦坦麺
意外ともっちりとした
なかなか足が向かない。

担々麺というジャンルにはあまり興味がない。

しかし、今日は、ウマいものを喰わせてくれというお達し。

どうしようもない状況でGO。

不測の事態にどう対応するか。

そこに人間の真価が問われる。

はっきり言って、予想外の完成度の高さ。

アルコールが回ったカラダは味不感症かもしれない。

それでもするっと胃袋の中へ。

あらま。

気づいたらなくなっていた。

満足度…★★★★☆(4)

緑区 萬来亭 らーめん・たまご・のり 2012/1/21-6杯目

イメージ
この味。
文化遺産。
何度みたことか。
巧く撮れた。
旨く頂けた。
17歳の若者(♂)4人を引き連れてきた。
満足度…★★★★☆(4)

中区 肉そばなおじ 肉つけそば 2012/1/20-5杯目

イメージ
金曜の夜に食す。

つるっつるの麺
誰とも予定がない金曜の夜は、一人でもどっか行こう。
そんなフロンティアスピリッツを携えた。
日々の業務に忙殺され、精神的にもヤラれた。
しかし、胃袋だけは死んでいない。
目だけは死んでいない。
足はまだ生きている。
それから向かう店。
帰りがてら車内で考察・熟慮。
印象。あまり変わるものではなかった。
つけ汁の持ち上げ良くない。つるつる麺のためすっと落ちる。
スープと一緒にガポっ。ムシャ。
大盛りの麺は確実に胃袋は満たしてくれた。
ただ、私の精神までは満たしてくれなかった。
満足度…★★★☆☆(3)

西区 一番舎西 つけ麺 2012/1/17-4杯目

イメージ
一番舎
ニクい一杯。
絡みます。
こんなものまで。
さぁできた。
ツアー二軒目。
するっと一杯目を食した我々が向かうは、新店。
一番舎。
日進にもあるそうだが、未踏。
昔は澤田屋として、客を集めていた。
あのときはまだ、ラーメンというものを全然わかっておらず、濃いか薄いか。
お腹いっぱいになったかどうかだけであった。
一番軒のセカンドブランドでつけ麺を提供している。
はっきり言ってウマい。
この味を一気に提供できるこのオペレーション。
ものすごく羨ましく感じてしまう。
ほぼ完成された濃厚豚骨魚介のつけ麺をこのチェーン展開のような形で多売できるシステム。
あな、恐ろしや。
ヒトがウマいと思うモノを知っている。
何をしたら喜ぶか知っている。
だれかが作ったものを上手にコピーしたのも知っている。
だけど、この売り方、ニクい。
けど、ウマい。
だから、また足を運んでしまう。
そんな、自分に辟易。
でもそんな自分が好き♡
満足度…★★★★☆(4)

中区 らーめん奏 しおらーめん 2012/1/17-3杯目

イメージ
行けなかった店にようやく
職場の先輩方を引き連れ
麺を啜る
こだわりを感じる
平日弾丸ラーメンツアー。一件目。
今年のテーマはSHIYAOHIROKU。
視野を広く。
行けていなかった店にもGOする勇気も。
開拓精神。
フロンティアスピリッツ。
奉仕精神。
ボランティアスピリッツ。
完成度良い。
一杯に対する愛情をものすごく感じた。
ただ、流行らないのか。何で流行らないのか。
もっと売れて良い味だが、接客・店の作り、一つ一つの細かいところまで配慮が聞けばもっと良くなる。
何を目指すのか。
この一杯は確かにウマい。
店はどうか。
難しいところだ。
満足度…★★★★☆(4)

南区 あっ晴れ堀田店 らーめんでら盛MAX 2012/1/12−2杯目

イメージ
見たいだけということで
でら盛りMAX

750gのヤサイを胃袋へ。
限定メニューあることも知らずにポチッとな。
コメント考え中。

中区 一蘭 天然とんこつらーめん

イメージ
天然とんこつ 
浮かぶアブラ・とんこつプースー
味に専念できるように、仕切られたスペース。
となりとのコミュニケーションはしない。
一人で行くのにちょうど良い店。
これまでなかなか訪れることができなかった店。
なかなか足が向かなかった店。
そして、とんこつらーめん。
多くの方が愛する分野と言ってよい。
ただ、なかなか面白みが感じられない。
そう、私は思う。それだけのこと。
これで完成、一番だ!
と言って欲しくない。
満足度…★★★☆☆(3)

熱田区 中村屋 つけ麺 つけ麺 2012/1/9-1杯目

イメージ
今年を占う最初の一杯。
熱田神宮参拝後のラーメン。
おみくじはひかない。
ラーメンで吉凶を占う。
決めるのは自分の心。
しあわせはいつも自分のこころが決めるんだな。
どこかで聞いたことがあるフレーズ。
今年は、信念をもち、ひたすら志を全うせん。
並ぶのも厭わない。
参拝後のラーメンみんな欲しいんだ。
満足度…★★★★☆(4・5)

東京都 ソラノイロ シロイソラ

イメージ
シロイソラ ネーミングがしゃれおつ。
らーめん
まろやかな麺
カリフラワーとブロッコリーのコラボ。
説明書き
ラーメンツアー最後のメニュー。
旅先で二度目の来訪。
前回はこちら
あまりにも衝撃的すぎて、もう一度行きたい。そんな気持ちが高く、来てしまった。
店主さんのブログは欠かさずチェック。
らーめん愛に満ちあふれている。
このメニュー。創作意欲に満ちあふれている。
このこだわり。
一つ一つのタベモノに対する愛着がこみ上げてくる。
前回のような爽やか感こそ、ないものの、冬の味に相応しい仕上がり。
このようなメニューにあうと、嬉しい気持ちになる。
今回のツアー、ここにて終了。
それでは、次は夏。
この半年で一つ一つ成長していきたい。
満足度…★★★★☆(4)



東京都 トナリ タンカラセット

イメージ
お昼の2時なのに行列

タンカラとはタンメンとカラアゲのセット

醤油ベースのタンメン 
浅草開花楼の麺
タンメンの効能
タンメンの力はものすごい。
健康に良い。
ボリュームがある。
満足度が高い。
醤油ベースになると、チャンポンと似た感じになるが、そこは、違う。
浅草開花楼のプリプリ麺は、程よく啜られ、胃袋に入っていく。
けっこうお腹いっぱいだよ?
もう食べれないよ?
さっき二郎食べたよ?
そんなのカンケーねー。そんなのカンケーねー。
まだまだ入るぜ。するっと入るぜ。
市民権をがっちりと得たこのタベモノ。
スゴい。
名古屋でも、愛知でも食べたい。
満足度…★★★★☆(4)

東京都 ラーメン二郎高田馬場店 ラーメン

イメージ
群れるジロリアン。我もその一人になりたい。
黄色い看板に黒い文字 危険な色だ。
ヤサイ・ニンニク少量・アブラ・カラメ・トウガラシ
ブニョブニョの麺
ほぐしチャーシュー
チャーシューはさらに掘り出せる
一日一二郎(いちにちいちじろう)。
これが旅の心得。
しかし、今回は二日で一二郎(いちじろう)。
昨晩のカラオケで大盛り上がりしたせいで、起きたらもう既に10時を回っている。
旅を成功させるコツは、肩肘を張らないこと。
何事にも意気揚々と臨む大きな心構えである。
そして、後先を考えず、今、求めているものに素直にそして、愚直になること。
今日は、二郎の気分。
最高の朝だ。
コールも、トウガラシと言いたいだけ。
このタベモノは、あるヒトから見たらゲテモノかもしれない。
しかし、私はこれが、ステキなモノ。
少なからず、これを食べにTOKYOまでやってきている。
普段KUSO-MAJIMEな私としては、こんな時くらい躍起になって咀嚼と嚥下を繰り返したものだ。
TOKYOで大学受験を控えている高校生は、一度は食べてみた方が良い。
食べた日は、2011年最後の営業日。
「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」
という言葉を店員にかけ、ドンブリを上に上げる輩(やから)、ジロリアンがいる。
そんなメッカ的な場所。
拝まずにはいられない。
この一杯を食べればきっと力の支えになるであろう。
無言で咀嚼。だまって咀嚼。ムフッという音を漏らして嚥下。
そんな行動をすることは、きっと受験会場でも、問題に対して誠実に向き合えることにつながる。
最大限の集中力、最高のドーパミン、マックスのドーパミンを発生させることになる。
ごちそうさま。
満足度…★★★★★(5)

東京都 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺

イメージ
辛みと痺れを調整できる
シロウトは普通で
麺は中太
お肉はギュワ 東京ラーメンツアー初日、5杯目のらーめん。
なっかなか、スゴい強敵が現れた。
このダンジョン最後のボス。
攻略できるか。
この一杯が出された時点で、ゴングが鳴った。
となりのヒトは、ピタリと止まる。
ため息をつく。箸を置く。
私は水とともに、井の中へ。
とにかく必死。必死。
ラーメンに対しては常にKUSO-MAJIMEな私としては、悪戦苦闘しながらも、完食するのがセオリー。
無我夢中で啜り麺を減らして行く。
粉骨砕身の覚悟で啜って行く。
四苦八苦しながら咀嚼と嚥下(えんげ)を繰り返す。
たとえ、4杯のラーメンが胃袋に入っていたとしても。
たとえ、3杯のコーヒーが胃袋に入っていたとしても。
残った大量のプースーを尻めにさようなら。
満足度…★★★☆☆(3)






東京都 タンメンしゃきしゃき タンメン

イメージ
しゃきしゃき さわやかな響き
東京都のソウルフードか。
プリプリ麺通り越して、ブリブリ麺
生姜でアクセント
自家製ラー油でハンパねぇパンチ
本日4件目はこちら。タンメンとは、こちらに詳しい。
関東に地方のローカルな麺料理ということだ。
しゃきしゃきというさわやかな響き通り、
はっきり言って、こんなにも口当たりが良い。
野菜が多いのも、健康志向には良い。
そんなさわやかに見えても、スープにはけっこうなパンチ力を残している。
塩ベースではあるが、このブリブリ麺を支えるプースーの力強さ。
チャンポンとは一線を画している。
その放つ存在感よ。早く、早く、速く、速く、あいちまで。わかしゃち愛知まで。
関東の麺料理と言わず、愛知まで。一刻も早く。
東京には、ラーメン二郎だけでなく、タンメン。
満足度…★★★★★(5)

東京都 中華そば屋伊藤 中華そば

イメージ
暖簾は店の中 民家の佇まい
中華そば 550円 王子駅から徒歩15分程度。
ラーメン好きは、歩くことが好きでなくてはならない。
ラーメンでダイエットを実行するためには、コマメな運動をする確固たる決意と行動力が必要だ。
そして、何より大事なのは、その麺が啜りたいという、願望の強さ。
ヒト一倍、旅に来るとその気持ちが高揚してくる。
2012年。新しく生まれ変わる。
さて、麺がスープに沈み込まず、まるであんかけパスタのような風貌。
自家製麺は、細麺で強くしっかりとコシがある。
可愛げに見えながらも、凛とした麺は啜るのが億劫にならない。
取り巻くプースーは強烈な煮干。
醤油に負けじと、煮干が追いかけてくる。
あっという間にするりと完食。
満足度…★★★★★(4・5)