2012年1月9日月曜日

東京都 ラーメン二郎高田馬場店 ラーメン

群れるジロリアン。我もその一人になりたい。

黄色い看板に黒い文字 危険な色だ。

ヤサイ・ニンニク少量・アブラ・カラメ・トウガラシ

ブニョブニョの麺

ほぐしチャーシュー

チャーシューはさらに掘り出せる

一日一二郎(いちにちいちじろう)。

これが旅の心得。

しかし、今回は二日で一二郎(いちじろう)。

昨晩のカラオケで大盛り上がりしたせいで、起きたらもう既に10時を回っている。

旅を成功させるコツは、肩肘を張らないこと。

何事にも意気揚々と臨む大きな心構えである。

そして、後先を考えず、今、求めているものに素直にそして、愚直になること。

今日は、二郎の気分。

最高の朝だ。

コールも、トウガラシと言いたいだけ。

このタベモノは、あるヒトから見たらゲテモノかもしれない。

しかし、私はこれが、ステキなモノ。

少なからず、これを食べにTOKYOまでやってきている。

普段KUSO-MAJIMEな私としては、こんな時くらい躍起になって咀嚼と嚥下を繰り返したものだ。

TOKYOで大学受験を控えている高校生は、一度は食べてみた方が良い。

食べた日は、2011年最後の営業日。

「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」

という言葉を店員にかけ、ドンブリを上に上げる輩(やから)、ジロリアンがいる。

そんなメッカ的な場所。

拝まずにはいられない。

この一杯を食べればきっと力の支えになるであろう。

無言で咀嚼。だまって咀嚼。ムフッという音を漏らして嚥下。

そんな行動をすることは、きっと受験会場でも、問題に対して誠実に向き合えることにつながる。

最大限の集中力、最高のドーパミン、マックスのドーパミンを発生させることになる。

ごちそうさま。

満足度…★★★★★(5)


0 件のコメント: