2011年8月18日木曜日

東京都 江戸前煮干しラーメン きみはん 中華そば



ラストと決めて向かった「ソラノイロ」は、もうすでに終了。

21時。

まだ、やっている店を探し、決定。

ここまで来て、終了はイタい。電話で営業を確認。

本日の3人は、エネルギーMAX。

まだまだ、そこを尽きることを知らない。

日々の苦行から解放された身としては、まだまだ全然イケル。

向かうは、「鶯谷(うぐいすだに)」

汗をタラッタラにかき、ジュワジュワする服を纏(まと)い闊歩(かっぽ)する。

ホテル街をすり抜け、向かうことに。

一口啜り、強烈な煮干が来るが、全然いやみったらしくない。

実に繊細な味わいが来る。

熱々すぎるか、とも思うプースーは、汗をかいた体をさらにヒートアップするものの、

丁寧な作りに安心感を過らせる。

動物的なスープの味わいとこのカエシの具合もまったくと言っていいほど、文句のつけようがない。

味の均衡が確実に保たれている一杯に仕上がっている。

今日は総計、4杯。

確かに、どれもどれもアタマに刻み込まれた。

良いラーメンを食べると幸せな気分になる。

そんなアタリマエのことを確かに認識した日であった。

パパイン(どうでも良いので省略)を除き、新鮮な驚きを与えてくれた。



「パンダ??」「スカイツリー??」

まだ見てないけど何か?

東京に何しに来た?って?

決まっている。

「ラーメンを食いに来た。」

「俺たちは情報を食ってるんじゃねー、ラーメンを食ってるんだ。」

もう一度言う。


「俺たちは情報を食ってるんじゃねー、ラーメンを食ってるんだ。」



明日が楽しみだ。

満足度…★★★★☆(4・5)

0 件のコメント: