2011年8月17日水曜日

東京都 ラーメン二郎神田神保町店 ラーメン 






夏の遠征では、一日一、二郎。

以前の遠征で、六厘舎からの三田本店二郎の流れの悪夢が甦(よみがえ)り、

具体的は、キャッチandリバースの流れ。

それを打破すべく、こちらへゴー。

高評価のお店であることもあり、30分前からジロリアンが列を為す。

灼熱のアスファルトが、容赦なく体力を奪う。

体内の水分の涸渇。ジリジリと焼かれる肌。求める、化調感MAXのプースー。

二郎を求めるに最高のコンディションとなった。

熱中症なんてくそくらえ。

ラーメンのプースが撥ね除けるばい。

黒ウーロン茶を購入し、いざ出陣。

「勝って兜の緒を締めよ。」を口ずさむ。(マックは「買って株と」と変換。)

麺量を少なくしたにも拘らず、このスケールのでかさ。

店内はノンクーラー。吹き出る汗の雫(しずく)よ。咀嚼、ビッシャビッシャになりながら、麺の咀嚼(そしゃく)と嚥下(えんげ)を繰り返す。

ワシワシ感がたまらない。

この繰り返し、尽きる事がない。そして箸が休まる間隙(かんげき)もない。

とにかく、旨いことよ。

全身全霊で向かい合うことよ。

カネシ醤油の強さ、化調のビリビリがちょうど良いシゲキを与えてくれる。

この二郎に出会えたことに感謝。

一つ一つ成長していることを実感。こうして人は強く逞(たくま)しくなっていく。

今日わかったこと。

当たり前かもしれないが、「二郎にはきざみニンニクが必要であることこと。」

ニンニクとスープの調和。けっしておろしではこの味はでない。

風味がまさに素晴らしい。

旨い二郎へニンニク、それも最高ではないか。

書を持って一人で二郎へならぶ。そんな行動の原動力は「ニンニクにアリ」としよう。

満足度…★★★★★(5)





0 件のコメント: