2008年10月2日木曜日

大府市 あっ晴れ らーめん 081001

            (1)らーめん(680円)脂マシマシ 
            

           (2)塩ジロー(780円)全マシ

この店は定期的に行かないと気が済まない。ジャンクなラーメンを食べたくなる。敬愛するラーメン部先輩のブログにこんなことが書いてあった。許可をとらずに引用する。詳しくは「すすり泣き」を参照してほしい。http://plaza.rakuten.co.jp/noba203/

以下引用部分

ラーメン好きに対する質問に「何ラーメンが好き?」というのがある。この質問に対して、「豚骨ラーメンが好き」とか答える輩がいるとしたら、そやつは決してラーメン好きではない。正しくは「○○屋の●●ラーメンもいいけど、△△亭の▲▲も捨てがたい」とくるのがラーメン好きの常識であり、マナーでありエチケットであり、世界の真理である。

この内容に、僕はまったくの同感である。

ここのらーめんは、しょうゆらーめんとか、とんこつらーめんとか括れない範疇にある。だから、ぼくは「あっ晴れのつけめん」が好きと答える。

さて、今日はラーメン部の部員と訪れる。大学から20分弱でつく。

僕は、ノーマルで。同伴者は新メニュー「塩ジロー」を注文。

今日はむしゃくしゃしていたこともあり、あぶらをましましでお願いする。

一見するとこれは、ラーメンではないか、と思われる方がいるかもしれない。

でも、これもすばらしいラーメンだ。

今日は、つけめんではないため、いつも以上に開華楼の麺と、スープがよく絡む。

麺とスープがそろって胃袋へ。

ずるずる、がみがみ、食べ尽くす。

途中、あごの筋肉が疲れてくるが、そこからが勝負。

あっさり完食。

ごちそうさま。でも、僕はここはつけ麺の方がすきだなぁ。

満足度…★★★★☆(4弱)

塩ジローも麺が生き生きしていて良かった。何も気にせず、ニンニクを食べれるときに来たい。


0 件のコメント: