2009年8月12日水曜日

岡崎市 つけめん舎一輝 SO-二郎 090812

 自分の結果が受け入れられず、落ち込んでいた。

 次に向かって一歩踏み出すため、二郎系を食べに来た。

 とりあえず、最後までがんばる。そう決めた。誰でも失敗はあるだろう。


             ある意味暴力的な姿。ニンニクよ。力をくれ。

 食べることは僕のイキガイ。食は元気を与えてくれる。だから、欲しい二郎系が。

 林製麺の麺は、極太麺というのには若干しのびない、そんな気がするが、脂とニンニクのフュージョンは、それだけで力を与えてくれる。

 300グラムの麺は、自分にとって戦いであった。

 それでも、笑顔になってしまう自分がいた。

 同行した後輩は、となりの席に座った色白のきれいな女性を見て、「あいつは腹が黒いやつだ」とつぶやいていた。そうなのか…。

 女の人ってわからないな。いろんなことがあり、つくづくそう思った。

 でも、ラ好きな女性に悪い子はいない。そう思いたい、自分である。

 真っ暗な中にも二郎あり、そんな一日であった。

 ごちそうさま。

 満足度…★★★☆☆(3.5)

0 件のコメント: