2010年1月5日火曜日

京都府 ラーメン荘夢を語れ ラーメン 091227

遠征も終盤戦。「通称ラーメン街道」へやってきた。


二郎系を食しに、電車を乗り継いでやってきた。

このビジュアル。

どうやら、一乗寺は、京都らーめん界では、非常に有名な地区であるらしい。
そんな地区へ、電車を乗り継ぎ、やってきた。
恵文社という本屋も非常に有名みたいだから気になること。
僕は本場の「二郎」というものを食べたことはないが、どうやら「マイルド二郎」らしい。
二杯目ということもあって、300㌘の麺は胃にズッシリ来た。
食べることに必死であった。
まさに、むさぼりつくとはこういうことなのだ。
個人的に言えば、「あっ晴れ」「ら・けいこ」はすごく好きだが、こちらの店は、すこし好みからは外れるかもしれない。
それでも、また「ラーメン荘地球規模で考えろ」という姉妹店もあるらしいので、気になった。
どうやら、年越し営業で30時間ぶっつづけて営業するらしい。
今回の遠征はここで完ではあるが、
改めて京都の町のすばらしさを感じてしまった。
比較的来やすいところから、近いうちにまた訪れることになりそうである。
満足度…★★★☆☆(3)

0 件のコメント: