2009年7月28日火曜日

岐阜県 川原町泉屋 炭火焼き鮎らーめん&ごはん 090728

長良川沿いの町。観光の名所になっている。岐阜県川原町。その和風な雰囲気にたたずむこのお店。


   らーめん屋らしさはまったく感じられない。


      一杯1100円するこのらーめん。はたして…。


         焼きたての鮎をのせてくれる。

 火曜日、有名店はほぼ定休日。そんなことも知らずに、岐阜を訪れてしまう自分がいた。

 一件目、鵜飼で有名、長良川沿いのこのお店。

 もはや観光名所になっている。

 いろいろな旅雑誌に載っているこのお店。

 一杯1100円は、映画館で食べるポップコーンの値段くらい割高なのか。ちなみに、富士山ではペットボトル一本500円である。

 平日ということもあり、お湯を沸かすところからスタート。完全に、客を招き入れる雰囲気はできていない。

 しばし友と談笑しながら待つ。

 さてお味は…。

 薄口のスープに、ややかための細ちぢれ麺。

 鮎の香りとダシがスープになじんで途中から変化するのは面白い。

 鮎の味とごはんとスープで雑炊にして食べると心がほっとする。

 結論として言えば、観光名物として食べるのには良い。

 もう一度来ますか?と聞かれたら、黙殺するであろう。

 なぜなら、らーめん店には変化が必要だから。

 そして、この店は間違いなく、らーめん専門店ではないのだから。

 ごちそうさま。

 満足度…★★★☆☆

  

0 件のコメント: