2011年6月12日日曜日

京都府 第一旭 新福菜館 110312

             第一旭

京都に往けば、ここに行かなければ。
わが職場の旅行で京都に。
「うまいらーめん屋はいずこ?」
という言葉があり、ここへ。

本心であれば、一乗寺に駆け込みたいものの、
なかなか大人を動かすのは難しい。
老年期の輩(やから)を連れて行くことに。


与えられた条件の中でいかに効果的な選択肢を用意し、提示するかが課題。

深夜11時にも拘わらず、行列が。
関東からもお客が。

こんな様子を見て、それだけで満足する。

肝腎の味は、まさにノスタルジックを漂わせる。

それだけでまあよし。

伝えたいことは、これが旨いらーめんと豪語していないこと。

それを理解してほしい。

次の日、お隣の新福菜館。

一度はいっておかなければならない感で、足を運ぶ。

               新福菜館

ごちそうさま。

満足度…★★★☆☆

0 件のコメント: